メルヘンと大和・まほろばの国へ

「ツイッターはここから・・」「tetuharaki」から・・右ボタンをクリックしてください。 tetuharakiをフォローしましょう


メルヘンの国へ

大和まほろば・古都散策

ホーム

掲示板

累計
人目です。
(本日は番目です。









最新速報(WHAT'S NEWS)


「2018.10.26 飛鳥京跡苑池の発掘調査(現地説明会前日)。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2018.10.15 奈良・里山のコスモスの花(阪原町)。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2018.10.15 柳生街道・円成寺の庭園の彩り。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2018.10.6 斑鳩・法起寺の塔に映える秋の夕日。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2018.10.1 明日香・橘寺の酔芙蓉の花が見頃です。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2018.6.21 京都西山・善峯寺の紫陽花の季節が来ました。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2018.6.7 大和美和の杜(大神神社の境内)の笹ゆりが見頃。」 を追加、ここをクリック・・)」

「2015.2.1.飛鳥坐神社のおんだまつりの写真」 を追加、ここをクリック・・)」

「2015.1.18の小山田遺跡の発掘調査の現地説明会の写真」を追加、ここをクリック・・)」

「2014奈良の紅葉散策の写真(その2)」 を追加、入り口は目次から・・)」

「2014奈良の紅葉散策の写真(その1)」 を追加、ここをクリック・・)」

「2014京都の紅葉散策の写真」 を追加、ここをクリック・・)」

「古寺・神社仏閣散策 得浄明院・日向大神宮・世尊寺・水分神社・氷室神社・スサノオ神社・村屋坐弥冨都比売神社 を追加、入り口は目次から・・)」2013.9.2.

「古寺・神社仏閣散策 都美恵神社・大鳥神社・都美恵神社・武烈天皇陵・顕宗天皇陵・大阪山口神社・羅城門跡 を追加、入り口は目次から・・)」2013.9.2.

「2013年の奈良/お水取り・大松明。2013年3月14日現在)」

「古寺・神社仏閣散策 かぼちゃ薬師・和爾坐赤阪比古神社・般若寺・多神社・伊射奈岐神社社・光明寺・飛鳥寺 を追加、入り口は目次から・・)」2013.3.9.

「古寺・神社仏閣散策 信楽・伊賀一ノ宮・立山・赤土山古墳 地区を追加、入り口は目次から・・)」2012.11.6

「古寺・神社仏閣散策 奥飛鳥・都祁・櫟本地区を追加、入り口は目次から・・)」

「古寺・神社仏閣散策 加茂・木津地区を追加、入り口は目次から・・)」

「古寺・神社仏閣散策 大阪地区を追加、入り口は目次から、・・)」

「2012年の奈良/室生寺の石楠花散策。2012年4月30日現在)」

「2012年の奈良/吉野山の桜散策。2012年4月17日現在)」

「2012年の奈良三笠山・佐保川・秋篠川・浮見堂・甘樫の丘・桧原神社・当麻寺・高鴨神社・長谷寺・吉野山・橘寺・葛城橋本園の桜散策・。)」

「2011年の奈良・佐保川・秋篠川・奈良浮見堂・甘樫の丘・桧原神社・桜散策。)」

「冬の奈良公園散策・・東大寺二月堂(お水取りです。)」

「近鉄西大寺駅から北へ、奈良ファミリーの駐車場に隣接する「孝謙天皇陵」から散策して「成務天皇陵」、「神功皇后陵」、「日葉酢媛命陵」、「佐紀神社」、「コナベ・ウワナベ古墳」、「垂仁天皇陵」をめぐる。」

「冬の奈良公園散策・興福寺・春日大社・法華堂・二月堂・東大寺(もうすぐお水取りです。)(2011.1.26.)」

「@奈良・若草山・山焼き(今年は天気が良く、よく燃えました)」 「A奈良・若草山・山焼き」 「B奈良・若草山・山焼き」 「C奈良・若草山・山焼き」

「初詣スナップ(大神神社・狭井神社・石上神宮・往馬大社・石清水八幡宮・石切神社)」

「初詣スナップ2(枚岡神社・石切上之宮社・四条畷神社・車折神社)」

「滋賀県湖東三山(百済寺・金剛輪寺・西明寺)の紅葉は今が最高にきれいです、」

「奈良・談山神社の紅葉は今が最高にきれいです。」

「奈良・当麻寺の西南院の庭園の紅葉はもう少しです、もう一週間でもっともきれいに染まるでしょう。五重塔が池に映ります。」

「京都・嵐山の紅葉、今年の紅葉は赤が特にきれいです。湯豆腐もおいしかった。」


「奈良・平城遷都@大極殿公開中です。」
「A奈良平城京・大極殿公開」 「B奈良平城京・大極殿公開」 「C奈良平城京・大極殿公開」



古都・神社仏閣散策

古都、京都、奈良大和を訪ね、古の故地を訪ねて、ロマンを探しに歩いてみよう。







































やまとは国のまほろば・・


やまとは国のまほろば・・散策はまず「やまとのルーツ三輪山からです。」  
まず左の「大和まほろば・古都散策」の扉をクリックしてください。      

やまとは国のまほろば たたなずく青垣
山隠れるやまとし うるわし

と詠われた大和平野となだらかな山々に囲まれた美しいくにです、
大和散策は先ず三輪山から、

三輪山をしかも隠すかくもだにも こころあらなむ 隠そうべきや

と万葉集に詠われた円錐形の美しい神奈備山です、神が宿る山として古から信仰されています。 その三輪山をご神体として祀る、大神大社はいつも参拝がたえることがない。


佐保川堤防
〇年〇月〇日
奈良春日山を源流とする佐保川は平城京跡から西の京を流れる、春になると堤防の桜が爛漫にやきみだれる、佐保川堤防からふたつの薬師寺の西塔、東塔が天平の美しい姿を見せてくれます。1300年の歴史を見せてくれます。もうすく平成の大修理に入り、優美な姿はしばらく姿は隠す、次に会えるのは十年先だそうです。


(詳しくは上記表題佐保川堤防をクリックして下さい。)

奈良の都
〇年〇月〇日
あおによし 奈良の都は咲く花の
におうがごとく 今さかりなり

と詠われた、奈良の都を今に見るような東大寺大仏殿、特に春の桜の時期にはここ三笠山から眺める東大寺大仏殿、興福寺の塔を眺めるときにはついこの歌を口ずさんでしまう。

(詳しくは上記表題奈良の都をクリックして下さい。)

〇年〇月〇日
大和のふるさと飛鳥、其の飛鳥のシンボル的な場所が甘樫の丘です、ここに登ると大和平野が一望でき、遠くは生駒連山から山城の国までのぞまれる、目の前に畝傍山をはじめ大和三山が、 春には山頂の桜の花が見事に大和を謳歌しているようだ、夕日に映える桜を見てください。  

(詳しくは上記表題甘樫の丘をクリックして下さい。)      

〇年〇月〇日
ここ桧原神社は大神大社の北、山ノ辺道にあり、天照大神が伊勢に鎮座するために大和を出発するときに一時的に鎮座された、元伊勢です、鳥居の注連縄の間の正面に二上山が望める、春秋の彼岸には二上山に真っ赤な日沈み、そのひかりがちょうど三つの鳥居を照らす、不思議な光景をかもしだす、伊勢神宮はこの直線上にあるそうだ。ここから眺める大和平野にぽっかりと島のように大和三山が浮かぶ、大和は国のまほろば と口ずさむ、本当に素晴らしい景色です。

(詳しくは上記表題イエナをクリックして下さい。)


〇年〇月〇日
香久山は 畝火雄々しと 耳梨と 
相あらそひき 神代より
 欺くにあるらし 古昔も 然にあれこそ
 うつせみも 嬬を あらそふらしき

と万葉集に詠われた美しい大和三山

(詳しくは上記表題大和三山をクリックして下さい。)                


〇年〇月〇日
春を待つ奈良の行事は若草山の山焼きとお水取りだ、中でも若草山の山焼きは大和平野のどこからでも見える大イベントです。カメラをかかえて古都を焦がす炎の写真を撮るのが アマチュアカメラマンの腕の見せ所だ!。

(詳しくは上記表題若草山の山焼きをクリックして下さい。)

ホームに戻る


感想をお寄せ下さい